在宅ワークでお勧めの筆頭

在宅ワークとして執筆は、オススメです。
あるサイトは、投稿用の専用画面が用意されていて、テーマに沿った記事を入力して投稿ボタンを押すだけです。
それで投稿が完了し、承認されればポイントが加算されて行きます。
ポイントが貯まれば現金に換金できるのです。
指定した口座に振り込まれます。
インターネットを活用した在宅ワークですね。
昔の作家ならば原稿用紙に書いて出版社に提供していたわけですが、今や時代が変わりました。
原稿を依頼する側はインターネットの専用投稿画面を用意して待っているし、投稿する側もその画面で簡単に投稿できるのです。
これなら、副業としても取り組みやすいです。
会社で9時から17時まで働き、家に帰ってから2時間程度をこの在宅ワークに費やすのです。
無理なく副収入を得ることが出来ます。
但し、あまり高収入は期待できません。
新聞や雑誌の記者が記事を書くような感覚ではなく、気軽に文章を書いて少しお小遣いを得る感覚がちょうど良いのです。
慣れてくれば、たくさんの記事を書いて、報酬がアップすることも期待できます。
はじめはちょっとお小遣い、慣れてくれば本格的に副収入となります。
このような投稿サイトは幾つかありますので、ぜひ取り組んでくださいね。

ライブでのカメラマンを務める

ライブでのカメラマンというのは、副業に適しているようですね。
もちろん、大物アーティストには専属のカメラマンが契約してます。
ですから、『副業でカメラマン』などという素人人の入り込む余地はありません。
しかし、インディーズ・アーティストのレベルであれば、仕事がありますよ。
ライブは、たいていの場合は夜に開催されます。
9時から17時までは本業の会社で働き、19時からはライブのカメラマンとして働く。
十分にこなすことが可能な副業だと思います。
ライブの写真撮影あるいは動画撮影で、3時間拘束されたとして、5千円くらいもらえれば、いい収入だと思います。
1人のインディーズ・アーティストが3日に1度のペースでライブをしているならば、3人のインディーズ・アーティストと契約すれば毎日仕事があることになります。
あなたが趣味で写真撮影や動画撮影をしているならば、新たな投資は不要です。
ライブで撮影した写真屋動画を休日にDVDに編集すれば、インディーズ・アーティストはそれを販売して、あなたはさらに報酬を得ることが出来ます。
カメラマンとしての自信も付くことでしょう。
ライブでのカメラマンは、副業としてオススメできると思います。